書籍・雑誌

医療系ミステリ!?

Brain
知念実希人著 「崩れる脳を抱きしめて」
“2018年本屋大賞”ノミネート作品

今まで読んだ知念作品とはちょっとテイストが違う??
恋愛+サスペンス・・・コレはコレで嫌いじゃない!!!

けど、個人的にはもうちょっとスリルが欲しかった
Complateremission
岩木一麻著 「がん消滅の罠 完全寛解の謎」
“第15回 このミステリーがすごい!” 大賞受賞作品

人が死なない→生き返る???

今までのミステリーになかったような視点の謎に迫る作品
ガンや医療に関する専門用語が多く、厳しい
・・・と思ったのは最初だけでした

最後は圧倒されての一気読み〜  ^ↀᴥↀ^
4月には唐沢寿明主演でドラマもON AIR予定です
観なければ〜

|

怖いよ〜(汗)

Repeat
木曜ドラマF「リピート ~運命を変える10か月~」
毎週観ることができず録画溜まってます

が・・・仕事の移動時間等々で原作は読了

乾くるみさんの発想力に脱帽
凄いよ、凄すぎて怖いよ〜

ただ原作とドラマ
設定や進行がちょっとづつ違っているのです
ということは???

シキュウミナケレバ

| | トラックバック (0)

カズレーザーsan おすすめ ⁉︎

Onin
今話題の1冊
呉座勇一著 「応仁の乱〜戦国時代を生んだ大乱』

読了しました

高校歴史の授業でちらっっとは学びました
しかし実際のところはよく分かっていない

読んでみて・・・ぶっちゃけ難しいってか人多すぎ
でも奈良(興福寺)の凄さはよくわかった

内容もさることながら、久しぶりの新書は超手強い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮部ワールド

Hitan
昨年11月に文庫版が発売されましたぁぁぁ
宮部みゆき著 「悲嘆の門」 

そういえば読んでなかったなぁ・・・と思い立ち図書館へ
ありましたぁぁぁ←当たり前???

宮部みゆきといえば“サスペンス”系が好きなワタクシ
コレはファンタジー作品かぁと......侮るなかれ

圧倒されました
上下巻一気読み

同じ世界設定で書かれているという「英雄の書」
読まねばっっっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば・・・

Rikuoikeido
今話題の1冊、池井戸潤著「陸王」

ドラマのクライマックスに近づいていますが
もちろん読了しておりますぅぅぅ

ってか、この人が書くものは凄い

展開がよめるにも関わらず・・・
どっぷりと浸かり、最後のページをめくるまで抜けだけない

圧倒されるというより意地になる

ドラマのラストは原作通りなのか???
気になる〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりに・・・

Maboroeialice
読書ネタとか


有栖川有栖著 「幻坂」

某テレビ番組にて執筆したご本人が案内役となりまして
この本に出てくる大阪の“坂”を紹介されてました

なるほどなぁぁぁ
大阪の下町?? ほぼほぼ縁がなかったので大変興味深い
普段とはタッチの異なる短編で楽しめました〜
Tanukitsu3
コチラはTwitterでおなじみ???
アタモト著「タヌキとキツネ」 気づけばもぉ3巻

今回もゆる〜く、クスッ笑えて存分に堪能っっ 🦊
うん、相変わらず可愛い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週はイレギュラー !!!

Tsumi
故に月曜から夜更かし・・・そして無事、読了
塩田武士著 「罪の声」

1984年に発生、列島を震撼させた「グリコ・森永事件」
すでに時効を迎えたこの事件をベースにした緻密なSTORY

どこまでが事実でどこまでがフィクション???
ページをめくる手が止まらず気づけば午前2時でした
Akira
そして、相変わらずの“本の虫”
最近読んだモノ①

池井戸潤・最新作「アキラとあきら」
現在WOWOWで放映中、向井理&斎藤工主演ドラマの原作

生まれも育ちも違うふたりの“アキラ”の物語
“自分に与えられた運命をどう生きるのか??”

さすが池井戸作品・・・間違いない面白さで一気読み
石丸幹二サマも出演中のドラマがかなり気になってます
Tero
最近読んだモノ②
知念実希人著「屋上のテロリスト」

描かれているのは・・・
“ポツダム宣言を受諾しなかった場合”の未来

壁により分断された日本を舞台に少女がテロを企てる
コレが生半可なものじゃなくって、ガチです

着想が凄い、展開がハンパない
そしてあんなラストが・・・・い、言いたいけど、言えない www


これ以外にもアレコレ読み漁ってますが、また改めて〜

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画、大好きです♪

Kinemaharada
最近、更新していませんでしたが相変わらず読書人

節約&部屋にこれ以上本を増やさないため
時間を見つけては図書館に通うのです www

そんな中で出会った1冊がコレ
原田マハ著 『キネマの神様』

(「BOOK」データベースより)
四十を前に、突然会社を辞めた娘。
映画とギャンブルに依存するダメな父。
二人に舞い降りた奇跡とは―。
壊れかけた家族を映画が救う、奇跡の物語 


疲れた時とか、現実逃避したくなった時とか
実は私も結構映画館に逃げ込んだりするんですよね

非日常を味わうことができる束の間の時間
・・・そこから繋がる人と人の絆が描かれていて
展開はなんとなく想像できたにも関わらずラスト号泣

そうそう、この本の中でも何本か映画が紹介されます 
その紹介文がまた素敵

久しぶりにレンタルしてこようかなぁぁぁと画策ちう。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働き方☆

Tenohira
安藤祐介著 「テノヒラ幕府株式会社」「被取締役新入社員」
図書館から何気なく借りてきた2冊

ライトノベル風のなで、読みやすい
けど・・・奥深い

“働く意味って?”
どんな業種であっても共通するコトがあるよなぁぁぁ

いろいろ考えさせられました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお気に入り!

Rf
全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」
18日(水)にノミネート10冊が発表されました

前々から気になっていた本も数冊ラインナップされてます
4月の大賞作品発表までにどれだけ読めるかなぁぁぁ???

ちなみに、私のイチ押しはコレ
アタモト著『タヌキとキツネ』

とりあえず・・・かわゆす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧