書籍・雑誌

今週はイレギュラー !!!

Tsumi
故に月曜から夜更かし・・・そして無事、読了 note
塩田武士著 「罪の声」 book

1984年に発生、列島を震撼させた「グリコ・森永事件」danger
すでに時効を迎えたこの事件をベースにした緻密なSTORY sign03

どこまでが事実でどこまでがフィクション???
ページをめくる手が止まらず気づけば午前2時でした coldsweats02
Akira
そして、相変わらずの“本の虫” sweat01
最近読んだモノ①

池井戸潤・最新作「アキラとあきら」 book
現在WOWOWで放映中、向井理&斎藤工主演ドラマの原作 tv

生まれも育ちも違うふたりの“アキラ”の物語 flair
“自分に与えられた運命をどう生きるのか??”

さすが池井戸作品・・・間違いない面白さで一気読み happy01
石丸幹二サマも出演中のドラマがかなり気になってます pencil
Tero
最近読んだモノ②
知念実希人著「屋上のテロリスト」 book

描かれているのは・・・
“ポツダム宣言を受諾しなかった場合”の未来 crying

壁により分断された日本を舞台に少女がテロを企てる bomb
コレが生半可なものじゃなくって、ガチです sweat01

着想が凄い、展開がハンパない punch
そしてあんなラストが・・・・い、言いたいけど、言えない www


これ以外にもアレコレ読み漁ってますが、また改めて〜 crown

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画、大好きです♪

Kinemaharada
最近、更新していませんでしたが相変わらず読書人 book

節約&部屋にこれ以上本を増やさないため moneybag
時間を見つけては図書館に通うのです www

そんな中で出会った1冊がコレ upup
原田マハ著 『キネマの神様』

(「BOOK」データベースより)
四十を前に、突然会社を辞めた娘。
映画とギャンブルに依存するダメな父。
二人に舞い降りた奇跡とは―。
壊れかけた家族を映画が救う、奇跡の物語 pencil


疲れた時とか、現実逃避したくなった時とか
実は私も結構映画館に逃げ込んだりするんですよね sweat02

非日常を味わうことができる束の間の時間 slate
・・・そこから繋がる人と人の絆が描かれていて
展開はなんとなく想像できたにも関わらずラスト号泣 crying

そうそう、この本の中でも何本か映画が紹介されます note
その紹介文がまた素敵 heart04

久しぶりにレンタルしてこようかなぁぁぁと画策ちう。。。run

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働き方☆

Tenohira
安藤祐介著 「テノヒラ幕府株式会社」「被取締役新入社員」
図書館から何気なく借りてきた2冊 book

ライトノベル風のなで、読みやすい shine
けど・・・奥深い coldsweats02

“働く意味って?”
どんな業種であっても共通するコトがあるよなぁぁぁ sign03

いろいろ考えさせられました pencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお気に入り!

Rf
全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」
18日(水)にノミネート10冊が発表されました book

前々から気になっていた本も数冊ラインナップされてます upup
4月の大賞作品発表までにどれだけ読めるかなぁぁぁ???

ちなみに、私のイチ押しはコレ flair
アタモト著『タヌキとキツネ』

とりあえず・・・かわゆす heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖かったぁぁぁ(涙)

Kaniinu
表紙イラストに騙された coldsweats02

第20回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作
倉狩聡『かにみそ』とその後に刊行された『今日はいぬの日』

人間と生き物の関係って sweat01
いろんな意味でぞっとした2冊でした book

そんなこんなで年末は読書三昧の予感 sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴族探偵!?

Kizoku
主人公“貴族探偵”は、貴族なので推理をしない。
推理どころか捜査もしない。

麻耶雄嵩さんの本を久しぶりに読みましたが book
・・・ツッコミどころ満載です sweat01

長編好きな私としては不完全燃焼感が否めませんが danger
お手軽派にはオススメにゃ heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麒麟の舌って???

Qullin
8月半ばごろらか凄い勢いで読書人 book

二宮和也主演で来年の秋ごろ公開になる映画
「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の原作本 restaurant

著者は「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一氏
いやぁぁ、読み応えありました upup

ふと、最期に食べたいものって何だろ?と考える sweat01
Nakayamastart
もう1冊は中山七里著「スタート」

ピアニストが主人公のミステリーで興味を持った作家さん flair
今回舞台は映画撮影現場ですsign03

映画が好きなだけでココまで書けるのか coldsweats02

読みながら“こんな監督と仕事がしたい”と思えました slate
夢はいつかきっと叶うはず heart04

『読書の秋』はもぉすぐそこまで〜 clover
次は何読もうかなぁぁぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好きな本

Ymurayama
「天使シリーズ」ついに完結編 book
・・・って、最終章発売されたのはもぉ随分前のことですが sweat01

読んでしまうとホントに終わってしまう weep

なんて思いつつ、早数年 downdown
やっと、やっと心を決めて読み終えました sign03

20年の歳月を経て届いた結末はやっぱり“涙”
でも、ラストは幸せな涙でした shine


何年後かにまた改めて・・・
『天使の卵〜エンジェルス・エッグ』から読みたい clover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々暑いので・・・

Infe
涼しい場所で読書〜 book
最近読了したのがこのあたりでございます upup

まずはダン・ブラウン著 『インフェルノ上・中・下』
最初、なかなか物語の世界に入っていけず苦労する coldsweats02
が・・・後半からは一気でした www

秋の映画公開が楽しみである slate
Local
うってかわってこちら『ホワイトアウト』の真保裕一著
行こう!シリーズ第2弾 『ローカル線で行こう!』 

うち、実家ローカル線沿いなんです sweat01
イベント列車なんかも走ってるし、鉄道ファンも来られます train

なんか、身近でほのぼの・・・で終わらないところがPOINT pencil
オススメです cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば・・・

Mutsu
最近立て続けにドラマの原作本を読んでみた book

ともに気になりつつも、テレビ視聴を断念したものsweat02

いやぁ、色々考えさせられますsign03
そしてやっぱり読書良いね(* ̄▽ ̄)/

図書館バンザイupup

次は何を読もうかなぁぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧